Markdown を使いこなせ!なぜ?

Markdown は文書を記述するための軽量マークアップ言語です。簡単な記号(markup)を使い、ウィジウィグ(見たままが得られる)のライティングができます、Word より便利です。特徴は:

文字の属性とフォマットを分ける

一般的に Word を使用する場合、文字を入力する同時に、書式とフォマットを随時設定しなければならない。例えば、文章のタイトルを入れた後、該当文字を選択し、フォントサイズを大きく、太文字、中央寄せなど。書式統一ため、テンプレートを事前に作る場合もある。タイトル書いた後、対応書式をタイトルに設定することも必要。

しかし Markdown を使う場合、タイトル行の前に、 # をマークするだけで、該当行の属性をタイトルに設定することができる。そして、書式もライティング中で考慮する必要がありません。最終的、パブリッシュ(エクスポート)する場合、文書のスタイル(書式)を設定すれば、各属性が定義された文字が、対応する書式とフォマットに直接変換してくれます。

例えば、Inspire シンプルな Markdown エディターを使い、文章をパブリッシュ(エクスポート)する場合、 WP Twenty Sixteen スタイルを選択したら、タイトルが左寄せ:

また Georgia スタイルを選択したら、タイトルが中央寄せ:

ということは、Markdown は文字の見た目(書式とフォマット)を設定することではなく、文字の属性を定義することです。文字の書式とフォマットは、最終的に属性とスタイルを一緒に決めたものの、ライティング中、気にする必要がありません。書式と属性を分けるべきです。

メリットは、書式を考えずに、ライティングに集中できます。さらにマウス操作も不要になり、フルキーボードで進めます。

HTMLに変換しやすい

今の時代で、ライティングは HTML に離れないです。あなたが書いた文章は、最後HTMLの形式で発表する場合も多いと思います。Word を使い、できた DOCX ファイルを HTML ファイルに保存したことがありますか?その場合、できた HTML ファイルに、意味不明なタグや不要な記号などがたくさん含まれてる。

しかし Markdown 方式で作ったドキュメント、簡単、スッキリ、綺麗な HTML ファイルに変換することが出来ます。その様な HTML ファイルの使い道も多く、例えば、個人のウェブサイトにのせる。もしあなたのブログは WordPress ベースで作った場合、Inspire を使って書いた文書は、ボタン一つであなたの WordPress にパブリッシュすることができます。

各ファイル形式に変換しやすい

HTMLだけではなく、Inspire を使って書いた文書は、簡単に良く使いファイル形式にエクスポートすることができます。例えば、TXT、RTF、PDF または Word の DOCX。もちろん標準な Markdown(.MDファイル)にもエクスポートすることができる、そして、 Markdown 対応プラットフォームにも使えます。例えば、 GitHub。正直 Inspire の Markup は標準 Markdown と少し違いますが、ただ、標準より簡単、便利、使いやすいです。

P.S.この文章は Inspire シンプルな Markdown エディターで書き、ウェブサイトにパブリッシュしたである。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *